酵素ダイエットの罠!酵素業界の功罪とは

酵素ダイエットの罠!酵素業界の功罪とは

酵素ダイエットは若い世代を中心にブームになっています。
酵素ドリンク、酵素サプリ、スムージーといった商品が
たくさん発売されています。

 

 

しかし、酵素で痩せるって意味をはき違えているメーカーが多く
消費者のみなさんに誤解を与えてしまっていると感じます。

 

 

酵素でお腹がスッキリ便秘が解消とか
酵素で置き換えて減量効果抜群とか

 

 

いろいろ書いてあるブログがありますが
酵素はそういった使い方をするための栄養素ではありません。

 

 

ここを勘違いしてしまうと

 

酵素ドリンクを朝食変わりに飲めば簡単に痩せることができるんだ!
酵素は溜まった便がスッキリなくなるだけで痩せるわけではないのでは?

 

といった間違った考えやネガティブな情報が錯綜して
本当の酵素の良さが伝わらないケースが出てきます。

 

 

酵素はこれからの現代を生きていくうえで
絶対に必要不可欠なものになりますし

 

酵素を意識して摂る人と摂らない人の平均寿命は
雲泥の差が出ることでしょう。

 

そのくらい酵素は人間にとって、いや生命にとって重要なものであることは間違いありません。

 

 

しかし、酵素の人気にあやかった安易なダイエット商法などに
踊らされて本質を見失わないようにしたいですね。

 

 

では酵素ダイエットの罠とはなんなのか?

 

そもそも酵素とは人間が生きていくうえで必要な恒常性を
維持するためのもので

 

身体の循環をスムーズに行うことが本質です。

 

 

恒常性とは

ホメオスタシスとも呼ばれている
生物が内部環境を一定の状態に保とうとする力です。

 

 

冬場に気温が低く、寒くなった来たらブルブルと震えます。
これは身体を無意識に動かして下がった温めようとする恒常性の力です。

 

逆に夏場に気温が上がって、暑くなると汗をかき始めます。
これは水分を皮膚上で蒸発させて上がった体温を下げようとする恒常性の力といえます。

 

 

環境の変化に対して元の状態に戻そうとする力

 

これが恒常性です。

 

 

恒常性を保つには血液や水分をたくさん循環させて
栄養の吸収と排出をくり返すことで保たれるのですが

 

これらの循環を行うのが酵素の役目なんです。

 

 

年を取ると酵素が不足して身体の循環がスムーズに行えなくなると
恒常性を保つことが難しくなり

 

老化や体力の低下が起こり、これが進むと病気を発症してしまいます。

 

 

このサイクルの中に脂肪の燃焼や分解も含まれていることから
酵素はダイエット効果があると言われているのです。

 

ただ、ダイエット効果ばかりが一人歩きして
酵素を飲めば誰でも簡単に痩せることができるなどと

 

過剰に酵素とダイエットを結びつける業者が多いですが
本来人間がもっている循環に戻して上げるため

 

 

加齢によって太りやすくなった人は効果を感じることはありますが
そもそも若い頃から太っている人はそれだけでは痩せることはないでしょう。

 

 

もちろん酵素にプラスして運動や食事制限などを取り入れれば
痩せることはできますが酵素を飲むだけでは効果は薄いと考えて下さい。