酵母ダイエットと酵素ダイエットって違うの?

酵母ダイエットと酵素ダイエット、似ているけど全然違う効果とは

人気のダイエット法には酵母ダイエット酵素ダイエットという
とても似ている響きのものがありますが

 

酵母と酵素って何が違うのか知っていますか?

 

 

2つの違いは何があるのでしょう。
そしてあなたに向いているのはどっちなのでしょうか

 

詳しく解説していきます。

 

 

酵素ダイエットとは

 

酵素ダイエットは体内で消費されて不足しがちな酵素を
食物酵素で補おうというのがコンセプトで

 

酵素ドリンクやスムージーなどに代表される
酵素関連の商品が多数発売されています。

 

食材でいうと果物や野菜に含まれている酵素です。

 

 

体内で消費される酵素の多くは胃の消化に使われます。
食事の前に酵素を取って胃を酵素でいっぱいに満たしておけば

 

消化に使われる酵素節約できて食べ物の消化、分解もスムーズにできる
結果、新陳代謝に使う酵素を残しておくことができ

 

結果痩せやすくなるというのが酵素ダイエットです。

 

 

酵母ダイエットとは

 

一方、酵母ダイエットとは
酵母菌による糖質分解効果を利用して食べた炭水化物を分解しやすい状態にしたり
さらには胃だけでなく腸にまで影響を与えてくれるのが酵母です。

 

酵母とは酵素を作る元になっている細菌が含まれているので
体内に入った細菌が腸に届いて酵素を作ってくれます。

 

つまり加齢によって足りなくなった酵素を増やす働きをしてくれるのが酵母の力です。

 

 

胃で消化酵素を節約してくれる酵素ダイエットと
腸で代謝酵素を増やしてくれる酵母ダイエット

 

 

食べ過ぎで胃もたれをしやすい人には酵素を
便秘気味で腸内環境が悪いという人には酵母をおすすめします。